遺品整理のこれから

写真

遺品整理とは、亡くなった人の家財などの遺品を整理することです。遺品整理の価格は、処分しなければいけないものによって変わってきます。一般的には面積によって算定されることが多いです。一部屋30000円ほどで、2LDKになると10数万円になることもあります。一軒家になると20万円を超える場合もあります。作業員の人数や作業日数にもよって変わってきます。 これらの費用を削減するためには、いくつかの業者の見積もりを取ってその中から慎重に決める、生前に遺品となりそうなものについてはリサイクルや廃棄など、しっかりと整理をしておくことなどが必要です。 さらには、賃貸住宅で人が亡くなった場合は原状回復が必要な場合もありますので事前に確認が必要です。

遺品整理とは、1990年代までは形見分けと言って遺された遺族が亡くなった人の遺品を整理し、遺族で分けることが普通でした。しかしながら、少子高齢化にともなく核家族化の急速な進展により、亡くなった人の遺品整理が遺族だけではできないということが問題になってきました。 そのため、生前に遺品となりそうなものを整理しておく生前整理や、亡くなった後に遺品整理をする業者が出現してきました。 便利屋といってさまざまなサービスを提供する業態ですとか、宅配サービス会社、引っ越し会社などさまざまな業態がこのサービスを提供しています。地方によっては遺品整理の専門業者も現れてきており、社会的ニーズの増大とともにその市場は拡大しつつあります。