残った遺品を

サポートセンター

核家族化が進んだ現代においては、必ずしも家族が全員で居住できている訳ではありませんが、中でもお年寄りが一人暮らしをしている場合には、突然の訃報を聞くケースなどもあります。故人となられた方の遺品については、少しでも血縁関係のある方が整理をする事になります。その様な場合には、遺品整理を実施する専門業者に作業を行ってもらう事ができます。この際、遺品買取を同時に実施して、整理作業分の費用と相殺してもらう事なども可能になっています。 遺品買取を実施した場合の平均的な価格については、ものによって、ものの状態によっても違いますので、具体的な数字で示すのは難しくなりますが、新型のエアコンなどの場合には、数万円の価格で評価される事などもあります。

遺品買取を実施した場合の価格の傾向については、ものによって価格には違いがありますが、概して遺品である事を考慮しているため、一般の買取よりは低く査定されている事が多い様です。例えば、エアコンなどについては、中古であっても購入希望者が多く存在しますので、特に有名メーカーの新型のものであれば、2万円位での買取もされる様です。 しかし、ポイントとして、各専門業者では遺品買取を遺品整理作業の一環として捉えている向きがあります。そのため、その作業に対する基本料金が発生していますので、その料金を基本として査定している事が多くなっています。一般の人が持ち込むリサイクル品としての扱いとは、かなり違いが見られるのが遺品買取価格における傾向として見られます。